1. 木造住宅の沖縄南國ハウスTOP
  2. 家づくりで大切なこと

家づくりで大切なこと

イメージ

家づくりを始めると、どうしても家づくりをしている今現在のことだけを考えてしまいがちです。
ローンの支払いのことも、間取りのことも、デザインや機能、設備のことも。でも、実際にはその家に何十年と暮らしていくわけです。
家をつくる時は、今現在のことだけではなく、全てを完璧に予測するのは無理ですが10年先、20年先のことも考えながら進めていくことが大切です。

先々を考えながら進めていくことのヒント

ローンの支払いのこと

ローンの支払いは何十年と続いていくものです。
そして、その支払い期間中には、さまざまな大きな支出があるものです。
(例えば、お子さまの進学による入学金や毎年の授業料、車の買い替えなどなど。)
ですから、購入資金だけを考えるのではなく、 そういった将来に必要な支出も考えながら、しっかりとした資金計画を組む必要があります。
そのためには、「ライフプランの作成」がとても役立ちます。
ライフプランの作成についてはこちら

ライフプランは大切です。

間取りのこと

間取りについては、今現在のことを考えるのもとても大切なことですが、長く住まう中で起こるであろう変化に目を向けておくことも大切です。
子どもの成長とともに、それぞれの子ども部屋が必要になったり、今度は結婚などで家を出てしまって部屋が空いてしまったり、 どちらかの親を迎えることになったりなど、長く暮らす中ではさまざまな変化があります。
そのような変化にどう対応するのか、または対応しないのか。
間取りを考える上では、そのようなことも考慮していくと、長く使い勝手の良い家になります。

長く暮らすためには将来を考えた間取りを

デザインのこと

家の外観や内装デザインについては、安易にその時の流行のデザインで決めるのではなく、 その家に20年、30年と住むことを考えて決めることが大切です。
20年後でも30年後でも自分が良いと思えるデザインであれば、長く飽きずに住み続けることができます。
流行り廃りのないデザインにするということではなく、自分自身も年齢を重ね、家も年齢を重ねていった時を想像して今のデザインを考えてみるということです。

家も年齢を重ねていった時を想像してデザイン

機能、設備のこと

機能や設備については、今必要なくても、将来的に必要となるかもしれないものを想定し、新築時に準備をしておくことが大切です。 以下にその例を示します。

機能、設備
エアコン

エアコンを将来的に取り付けたい部屋には、取り付け予定位置にエアコンをしっかり固定できるよう、 下地を作っておいたり、また、配管用に穴をあける際に、柱や筋交いを傷つけないよう、 柱や筋交いの位置を図面に明確に残しておいたり、専用コンセントをあらかじめ設置しておいたりすると、 スムーズな取り付けが可能となり、余計なコストも掛からなくなります。

食器洗浄機

新築時には予算の関係で設置を見送った食器洗浄機を、将来的に奥さまが働きに出るようになった時に、 家事負担を軽減するため取り付けたいと考えている場合は、 将来の設置時に配線や配管がしやすいよう新築時に工夫をしておくと、スムーズな取り付けが可能となり、余計なコストも掛からなくなります。

手すり

自分たち自身が歳をとってきた時はもちろん、どちらかの親御さんを迎え入れた時など、状況によっては、 各所に手すりを設置する工事が必要になる場合があります。 重い体重を支える手すりは、しっかりとした下地にビスを打って固定しなければなりません。 玄関や廊下、洗面、トイレ、居室など、将来的に手すりの設置が必要となる箇所にあらかじめ下地を作っておくと、 使い勝手の良い場所に手すりを設置でき、工事もしやすくなります。

沖縄南國ハウス提携FPによる無料相談申し込み

家を建てても生活は大丈夫? 老後の生活が不安… 子どもを大学まで行かせたい! 無理なく家を建てる方法は? お金にまつわるさまざまな問題や不安をライフプランの無料作成で解消できます!
ライフプランについてもっと知りたい方はこちら
無料のライフプラン作成お申し込みはこちら
沖縄南國ハウスの会社概要はこちら
琉izm 沖縄の木造住宅の良さを体験できるモデルハウスをいつでもご覧頂けます。
湿気や結露でお悩みの方へモイスを使ったリフォームのススメ
竹炭は調湿・防虫・防カビだけではなくアルカリ性が強く悪臭を緩和させると言われております。
家づくりの応援
よくあるご質問
ケーススタデイ
お客様の声
各種リンク