1. 木造住宅の沖縄南國ハウスTOP
  2. 沖縄南國ハウスの技術・性能TOP
  3. 健康配慮

健康配慮

南國ハウスの家
沖縄南國ハウスの木の家は、家族の健康にとことんこだわった「健康仕様」

無垢の木でつくる

「シックハウス」の主な原因は、
新建材等から揮発されるホルムアルデヒド等の有害な化学物質。
沖縄南國ハウスが造る無垢材を使用した木造住宅は、
これらを使用しない極めて健全な家です。
また、木には健康に寄与する様々な効果があります。

健康に寄与する木の効果

足腰への負担軽減効果

天然木を使用した木の床は柔らかいため、足に掛かる負担が少なく、足元も冷えません。

調湿効果

木は、湿度が高い時には湿気を吸収し、乾燥時には吸い込んだ湿気を放出します。
このような木が持つ調湿効果は、室内の湿度を適切に保ち、
ウィルスやアレルギーの元となるダニやカビの増殖を抑えます。

抗菌効果

木の香り成分・フィットンチッドには、ダニを寄せ付けず、カビや雑菌を防ぐ効果があります。

実際に、木造で造られた学校では、冬期のインフルエンザによる学級閉鎖率が低く、インフルエンザの蔓延が抑制される傾向がみられます。この結果は、木質空間の暖かさや木の調湿効果、抗菌効果が寄与しているものと考えられています。

コラム 木製家具の健康への効果

九州大学大学院芸術工学研究院によって、スギ製の無垢の机・イスを使用したクラスと、
合板天板を用いたスチール製の机・イスを使用したクラスとを比較実験をしたところ、
スギ製の無垢の机・イスを使用したクラスの欠席数は、合板天板を用いたスチール製の机・イスを使用したその他クラスと比べ、 有意に少ないという結果になりました。

また、粘膜への微生物の侵入を防御し、この値の高さが健康状態の指針となる分泌型免疫グロブリンA(s-IgA)の変化を比べたところ、 実験前では各クラスのs-IgAに有意な差は無かったが、スギ製の無垢の机・イスを使用したクラスは、 設置後、s-IgA濃度が有意に高いという結果になりました。

これらの結果により、木材を積極的に使用することは、
「健康」に良い影響を及ぼしている傾向が示されました。

モイス
天然素材が進化した壁、モイスの採用

化学物質からご家族の健康を守る

「モイス」は、ホルムアルデヒドを全く放散しない
天然鉱物で出来た内装壁建材。
シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを放散しないだけでなく、
空気中に揮発したホルムアルデヒド等を吸着・分解します。
また、ダニ・カビを抑制するのでアレルギー対策にも効果的。
体に優しく安全な壁材です。
沖縄南國ハウスは、建物自体を体に良いものでつくるのはもちろん、
ご入居後に入れる家具やじゅうたんなどから揮発するホルムアルデヒド等の化学物質からご家族の健康を守ることを考え、
モイスの採用を推奨しております。

モイスの特徴

調湿機能

モイスはオールドセラミック性質を持ち、水を吹きかけても素早く吸収。と同時に放湿する特性があり、
常に適度な湿度で快適さを保ちます。
そのため、結露やカビの繁殖を抑えることができます。
(モイスの適湿化能力試験結果はこちら

有害物質の吸着・分解

モイスは有害化学物質を吸着するだけでなく、無害化した有機物質として固定化するため、
それらが再び空気中に放散されることがありません。
そして、最終的には水と炭酸ガスにゆっくりと分解します。
(モイスのホルムアルデヒド吸着性能試験結果はこちら

接着剤を使わず施工可能

モイスは化学物質の入った接着剤を一切使わずに施工ができるので、
健康的でスピーディーな施工ができます。

天然のリサイクル素材

100%天然素材でできたモイスは、使用後はゴミにならず、土に還ります。

柔軟性、曲げ性能が高い

モイスはまるで竹のようにしなり、簡単には割れません。

引き抜き耐力が強い

モイスは引き抜き耐力が強いので、直接ピンを打ち付けて壁に固定できます。
額縁や飾り棚、照明器具などの設置も下地を選ばず自在にできます。

優れた耐震性

モイスは9.5mm厚で最大級の壁倍率2.7。木造用耐力壁としての優れた耐震性が実証されています。

抜群の耐火性

無機材料でできているモイスは、優れた防火性能を発揮し、万が一燃焼しても有毒ガスや煙が発生しません。
法定不燃材の指定を受け、防火構造と耐火性構造としても国土交通省の指定・認定を受けています。

お手入れカンタン

汚れた場合は布巾でさっとひと拭きするだけできれいにできます。
また、細かい汚れは消しゴムできれいにすることもできます。

消臭効果

人が不快を感じるといわれるトイレやタバコ、ペット、生ゴミなどの生活臭を吸着・分解します。

防腐・防虫防蟻剤の安全性
劣化・シロアリ対策で加圧注入される防腐・防虫防蟻剤の安全性

安全性が保証されている物質を使用しています

劣化・シロアリ対策で木材に加圧注入する薬剤に「マイトレックACQ」を使っております。
この「マイトレックACQ」の主成分である「塩化ベンザルコニウム(BKC)」と「銅化合物」は、ともに安全性が保証されている物質です。
塩化ベンザルコニウムは医薬品であり、私たちの体に直接触れる歯磨き粉、ウエットティッシュ、洗濯用の柔軟剤、
病院で使用する消毒液など、身近にある多くの商品に
使用されているものです。
また銅化合物は10円玉や調理器具などに用いられており、日常生活において大変馴染み深い存在です。
加圧注入後の柱の色が緑色をしているのは、この銅化合物の色です。


家を建てても生活は大丈夫? 老後の生活が不安… 子どもを大学まで行かせたい! 無理なく家を建てる方法は? お金にまつわるさまざまな問題や不安をライフプランの無料作成で解消できます!
ライフプランについてもっと知りたい方はこちら
無料のライフプラン作成お申し込みはこちら
沖縄南國ハウスの会社概要はこちら
琉izm 沖縄の木造住宅の良さを体験できるモデルハウスをいつでもご覧頂けます。
湿気や結露でお悩みの方へモイスを使ったリフォームのススメ
竹炭は調湿・防虫・防カビだけではなくアルカリ性が強く悪臭を緩和させると言われております。
家づくりの応援
よくあるご質問
ケーススタデイ
お客様の声
各種リンク