1. 木造住宅の沖縄南國ハウスTOP
  2. 沖縄南國ハウスの技術・性能TOP
  3. 台風対策

台風対策

沖縄南國ハウスの木の家は、沖縄の台風を強く意識した「特別仕様」です。
構造躯体
01 構造躯体
耐久性を高めたガッチリとした骨太の躯体で台風の強烈な風に抵抗

台風の強烈な風に抵抗するためには、「耐力壁」と呼ばれる筋交い(すじかい)の入った壁をバランスよく配置することが何より大切です。

沖縄南國ハウスでは、構造計算で求めた必要量よりも多い耐力壁を設置(設計基準強度の1.25倍)。 それらを偏りが無いようにバランスよく配置することで、台風や地震などの水平方向の力に対して高い強度を誇っております。
また、通常よりも柱や梁・構造木材を太くし、さらに補強する木材も多く用い、耐久性を高めたガッチリとした骨太の躯体となっています。

このような骨太の構造躯体は、建築中の家をご覧いただければ一目瞭然。
ぜひ弊社の建設現場や完成現場を見学・視察していただき、台風に対する安全性をご自身の目でご確認ください。

02 屋根瓦
強風雨に対する水密性・耐風性に優れた強度の強い三州瓦を使用

沖縄南國ハウスでは、建物を守る屋根材に、強雨・強風雨に対する水密性が高く、耐風性に優れ、強度の強い三州瓦を使用。
大型台風下の強風でも瓦が飛ばされない施工法で瓦をしっかり固定します。

屋根瓦
サッシ
03 サッシ
耐風圧性能やす水密性能に優れたYKK APの製品を採用

沖縄南國ハウスで使用するサッシは、耐風圧性能:S-5【2,400Pa】(2,400Pa=風速換算で約62mになる)の風圧に耐えられる性能基準をクリアしたYKK APの製品を採用。
屋内への雨水侵入をどの程度防げるかを示す水密性能も、JIS等級で最高等級のW-5を誇る台風に強いサッシです。


家を建てても生活は大丈夫? 老後の生活が不安… 子どもを大学まで行かせたい! 無理なく家を建てる方法は? お金にまつわるさまざまな問題や不安をライフプランの無料作成で解消できます!
ライフプランについてもっと知りたい方はこちら
無料のライフプラン作成お申し込みはこちら
沖縄南國ハウスの会社概要はこちら
琉izm 沖縄の木造住宅の良さを体験できるモデルハウスをいつでもご覧頂けます。
湿気や結露でお悩みの方へモイスを使ったリフォームのススメ
竹炭は調湿・防虫・防カビだけではなくアルカリ性が強く悪臭を緩和させると言われております。
家づくりの応援
よくあるご質問
ケーススタデイ
お客様の声
各種リンク