1. 木造住宅の沖縄南國ハウスTOP
  2. お客様の声

お客様の声 保育園兼ご自宅の職住兼用の家 那覇市Kさま邸

園児たちが健康に健やかに過ごすために健康的な木の家を建てたいと考えました

コンクリートで囲まれた部屋でクーラーをフル稼働

自宅で保育園を営んでいたのですが、
道路拡張工事で転居を余儀なくされました。
退去期限まで時間が無かったので、
保育園は取り急ぎコンクリート造のマンションの一室に移転し、
新しい土地が見つかるまでの約1年間を過ごしました。
コンクリートで囲まれた部屋は、暑い季節になると熱がこもるので、
園児たちを熱中症から守るために朝から晩まで
クーラーをフル稼働で運転していました。

子どもたちの体調不良がきっかけで木の家を検討

ところが、そのうちに子どもたちの体調に異変が生じ、
風邪をひく子がかなり増え、癇癪を起こす子も増えてきました。

その時に園児たちが健康に健やかに過ごすためには、
保育園の室内環境がとても大事であることを悟り、
新しくつくる保育園は、園児たちのために
健康的な木の家を建てたいと考えるようになりました。

保育園を木の家に移転してからは体調を崩したり、風邪をひいて休んだりする子もめっきり減りました
那覇市Kさま邸内観
園児たちが健康に健やかに過ごすために健康的な木の家を建てたいと考えました

保育園でも自宅でも、とても快適に過ごしています。
クーラーも一応設置しましたが、
窓を開けると風が良く通り、心地良く、
ほとんどクーラーの必要性を感じません。
保育園では、体調を崩したり、風邪をひいて
休んだりする子もめっきり減りました。

2階の住まいは天井も高く、開放感があり、
家族全員伸び伸びと生活し、大変満足しています。
1階の保育園スペースにも天井の高い所をつくり、
開放的なつくりにしました。

そのお陰か、園児たちも太い柱に抱きついたり、
走り回ったり、伸び伸び遊び、すくすく育っています。
ヒノキの床が気持ちよいのか、お昼寝をする時、
引いた布団から抜け出して、床で寝ている子が多いんです。
あまりに気持ち良さそうに寝ているので、
私も試しにヒノキの床で寝てみたら、本当に布団の上で眠るよりも気持ちよくてビックリしました。


家を建てても生活は大丈夫? 老後の生活が不安… 子どもを大学まで行かせたい! 無理なく家を建てる方法は? お金にまつわるさまざまな問題や不安をライフプランの無料作成で解消できます!
ライフプランについてもっと知りたい方はこちら
無料のライフプラン作成お申し込みはこちら
沖縄南國ハウスの会社概要はこちら
琉izm 沖縄の木造住宅の良さを体験できるモデルハウスをいつでもご覧頂けます。
湿気や結露でお悩みの方へモイスを使ったリフォームのススメ
竹炭は調湿・防虫・防カビだけではなくアルカリ性が強く悪臭を緩和させると言われております。
家づくりの応援
よくあるご質問
ケーススタデイ
お客様の声
各種リンク